HOME > リンクピローの作り方

リングピローの作り方

どなたでも簡単に作ることができる、簡単ハンドメイドです。

リングピローを作ってみましょう。思ったよりも簡単にできます。

リングピロー作成の準備しましょう

  • 好きな布
    このチョイスで、雰囲気がぜんぜん違うから、慎重に選んで!
    でもカンタンだからたくさん作ってもイイかも。
  • 好きな飾り
    リボン、レース、花、ミニテディベアなど、あらゆるものが飾りになるよ。
    自分のセンスで!
  • 針と糸
    布や飾りの色に合わせて用意してね。
  • 詰め物
    クッションの中身。売ってるけど、伝線したストッキングとか、
    ふわふわなら何でもOK!

リングピロー作成準備


リンクピローの大きさを決めましょう

  • 好きな大きさ・形より一回り大きく布をカット。
    これはもう、ほんとに好み。ハートにしても、四角にしても、可愛い箱にセットしてもいいし、雑貨屋さんの可愛いバスケットとか、イロイロ見に行ってみよう。
  • 縫い代の分だけ、大きくカット。
    箱などに入れるときは、ふくらみで大きさが縮むから、ちょっと大きめにして、下側の見えない部分であまりを調節した方がキレイ。
  • 刺繍をしたい人は、ここでやりましょう
    リングピローができてからだと裏に糸が出たり、ちょっと大変だから、刺繍はここで、仕上げておきましょうね。

リンクピローの大きさを決めましょう


リンクピローを針と糸で縫い合わせます

  • 針に糸を通す
    糸は長すぎず短すぎず、50cmくらいが縫いやすくていい♪針も手になじむ長さがあるから、試してみて。ここでは、見やすいように濃い色の糸だけど、ホントは生地と同じ糸でやってね。
  • リングピローを縫う
    目標のライン上をちくちく縫う!針目は細かい方がいいけれど、そんなに神経質にならなくても。
  • 縫い終わりを5cmくらい開けておしまい
    ひっくり返すために、5cmくらい縫わないで、玉止めしてね。

リンクピローを針と糸で縫い合わせます


リンクピローにひと手間かけましょう

  • ハートのリンクピローの場合
    ハートなど、Vの字になっている部分は、ひっくり返す前に、V字のポイントまで切り込みを入れて。糸のぎりぎり1mm手前くらいまで!補強のため、切込みを入れたところに手芸用ボンドをちょっと塗っておくと、ほつれる心配なしだよ。
  • リンクピローのカーブ部分を縫う!
    カーブの縫い代を縫う(ぐし縫い、って言うの)ここでは緑の糸だけど、ホントは生地と同色ね。大体縫ったら、ギュってひっぱって、ハートの形がきれいに出たら、玉止めしてね。
  • リンクピローの出来上がりにアイロン!
    かけなくてもいいけれど、せっかくだからきれいに仕上げるためにアイロンで縫い代を折っておきましょう

リンクピローにひと手間かけましょう


リンクピローをひっくり返しましょう

  • 表にひっくり返す!
    リンクピローの開いた所の糸を切っちゃわないように、そーっとひっくり返しましょう。
  • 角に気をつけて
    リンクピローをキレイに見せるには、 角をきっちりするのがコツ!針の先で、中にへこんでいる部分を引っ張り出します。やりすぎると糸まで出てきちゃうから注意!(そんな時は針の先でもう一度押し込むんだよ)
  • 表からアイロン!
    かけなくてもいいけれど、せっかくだからリンクピローをきれいに仕上げるためにアイロンでぴたっと押えておきましょう。

リングピローをひっくり返す


リンクピローの中身をつめましょう

  • すきまからふんわり詰める!
    手芸用わた、ストッキングを適当に切ったもの、あまってる毛糸など、ふんわりしたものを詰めてみて。パンパンより、ちょっと余裕があるほうがいいかも。リングを上にのせて、滑り落ちるのは困っちゃうよね。

リンクピローの中身をつめましょう


リンクピローの隙間を縫いましょう

  • すきまを閉じる
    あけておいた5cmのすきまを糸で縫っちゃおう。内側から表に糸を出して、丁寧にくっつけていきます。
  • 最後は、玉止めをしたら、縫い目のすきまから中に針をいれ、適当な所から表に出してひっぱって。玉止めの部分が縫い代の中に入って表から見えなくなるでしょ。糸は、布ぎりぎりの所で切れば、中に入っちゃいます。

リンクピローの隙間を縫いましょう


リンクピローを飾りましょう

  • リンクピローのベースが出来上がったので、これからはあなたの思いのまま。はじにレースを付けたり、小花を散らしたり。ビーズをつけるなら、縫い目から針を入れて糸が表から見えないように気をつけて。スパンコールなんかは手芸用ボンドでくっつけちゃおう。
  • 箱やかごに入れるとき
    入れてみて、大きすぎるようなら、下側を縫い縮めて調節してね。逆に、小さかったら・・・周りにファーをあしらったりしてボリュームをつけてカバーしましょう。

スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.