HOME > 手作りウェディングドレスの作り方 > 仕上げと裏身ごろまつり

ウエディングドレスの作り方

ウェディングドレス

ウエディングドレスはレンタルでもオーダーでもなく、自分でウエディングドレスを作ってみたい・・・

花嫁の手作りのウエディングドレス。

それは、何物にも代えがたい心のこもった手作りのウエディングドレスになるはずです。

自分のサイズで、オリジナルなドレスに作っていく、手作りウエディングドレスキット。

憧れのその日を夢みながら。


スポンサードリンク


縫い代を切り落とす

縫い代を切り落とす

襟ぐり・袖ぐりの、裏身ごろの縫い代を、1cmになるように切りそろえる。

表に縫い代が響かないようにするためだ。

襟と肩の角は、角から5mmくらいの所を三角に表も裏も一緒に切り落としてしまう。

そうしたら、袖ぐりの表と裏と一緒に、1cmおきに切り込みを入れておく。前中心のV字のポイントは、糸ぎりぎりまで切り込みを入れる。



アイロンで仕上げ

アイロンで仕上げ

中温・ドライのアイロンで、縫い代をぴったり折っていく。

きせをかけて、表から縫い目が見えないようにする。

表身ごろを出し、縫い代を1.6cm折って、ミシンで縫ったところがちょこっと見えるように、アイロンでプレスした。

襟ぐりも、袖ぐりも、ぐるっとアイロンをかけた。前中心のV字ポイントだけは、きせをかけないで縫い糸の所で折り返した。



ドレスを表に返す

ドレスを表に返す

ドレスを表に返して、裏身ごろの方から襟ぐりと袖ぐりにアイロンをかけてしっかりさせる。

やっぱり縫い代だけにアイロンがかかるように、袖まんじゅうの上で作業をした。縫い目から出ている糸も、丁寧に切り落とす。

V字のポイントに、へんなしわがあったので、もう一度裏を出し、切込みを多くする。ちょっとほつれると怖いので、ほつれ止め(商品名:ピケ)を塗った。

V字ポイントに針をさして止め、方向を変えて縫った。これで胸元もキレイにいく!



裏身ごろをまつっていく

裏身ごろをまつっていく

ファスナー部分からはじめ、ウエスト部分〜ファスナー部分と、待ち針で留めて、まつり縫いで表と裏をくっつける。

襟ぐりは、一旦広げ、裏地でファスナーをくるむようにしてから、ムシから5mmの所にまつる。

ウエストは、飛び出て余っている部分を三角に切り落として、布端が出ないように折ってからまつる。

ファスナー部分は、ファスナーの縫い代に、ウエスト部分はギャザーの縫い代にまつって、表から縫い目がぜったいに出ないようにした。



身ごろの完成

身ごろの完成

ファスナーの上が、ちょっと開いてしまったので、ホックをつけた。

これで、ウェディングドレスの身ごろの完成!

さっそく試着してみる!嬉しい!

やっぱり、自分にぴったり合うウェディングドレスはとても着心地がいい。

さぁ、私だけのウェディングドレス・・どんな風に飾ろうかしら


スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.