HOME > 手作りウェディングドレスの作り方 > 襟ぐりを縫う

ウエディングドレスの作り方

ウェディングドレス

ウエディングドレスはレンタルでもオーダーでもなく、自分でウエディングドレスを作ってみたい・・・

花嫁の手作りのウエディングドレス。

それは、何物にも代えがたい心のこもった手作りのウエディングドレスになるはずです。

自分のサイズで、オリジナルなドレスに作っていく、手作りウエディングドレスキット。

憧れのその日を夢みながら。


スポンサードリンク


袖ぐりを縫い合わせる

袖ぐりを縫い合わせる

表を出したドレスの上に、裏身ごろの裏を出して重ねる。そうすると、中表になってる。

袖ぐり部分を先に縫うので、後肩バンド部分を広げ、袖ぐり部分を一緒にして待ち針で留める。

肩バンドとゴムが邪魔だから、間違って縫ってしまわないように気をつけて。。。

ゴムで引っ張られてくしゃくしゃだけど、縫うところはピンとさせて、袖ぐり全部ができた。



襟ぐりミシンで縫う

襟ぐりミシンで縫う

袖ぐりと襟ぐりの縫い合わせは、出来上がりのポイントからポイントまでを縫う。

そして、この出来上がりポイントで返し縫をして縫い始めた。4,5cm縫ったら、待ち針を取り、次の4,5cmをまっすぐに広げて縫う、を繰り返し、最後のポイントで返し縫をして終わり。

反対側も同じようにして袖ぐりの出来上がり。



前の襟ぐりを縫う

両袖が縫えたら、前の襟ぐりを出す。

前の襟ぐりを縫う

前中心を合わせて待ち針で留めたら、肩バンドを縫いこまないように下に織り込んだ。

肩のポイントから、5cmおきくらいに待ち針でとめて、ミシンで縫っていく。

縫いはじめと縫い終わりは、肩バンドのはじに針が刺されば、出来上がりがキレイ。

縫い代1.5cmじゃなくてもいいから、出来上がり線がなめらかに行くように縫った。

前中心のV字ポイントに針をさして止め、方向を変えて縫った。これで胸元もキレイにいく!



後襟ぐりを縫う

アイロンで仕上げ

後襟ぐりも、ノッチを合わせて待ち針で留めて、縫っていく。

ファスナー部分は、表身ごろのファスナーを出来上がりに折り返して、裏見ごろの出来上がり位置(1.5cm)にあわせる。

アイロンの折り目は2cmについているけど、それは気にしない。

ポイントは返し縫して、しっかりさせる。逆の後襟ぐりは、長さが同じになるように気をつけて縫った。



スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.