HOME > 手作りウェディングドレスの作り方 > ギャザーをととのえる

ウエディングドレスの作り方

ウェディングドレス

ウエディングドレスはレンタルでもオーダーでもなく、自分でウエディングドレスを作ってみたい・・・

花嫁の手作りのウエディングドレス。

それは、何物にも代えがたい心のこもった手作りのウエディングドレスになるはずです。

自分のサイズで、オリジナルなドレスに作っていく、手作りウエディングドレスキット。

憧れのその日を夢みながら。


スポンサードリンク


ドレスをいよいよミシンで縫う

ドレスをミシンで縫う

さっき、ギャザー用に針目を大きくしたから、元に戻さなくちゃ。ミシンの針目を2くらいになおす。

端から1,5cmの縫い代で、どんどん縫っていく。
目打ちの先を使って、ギャザーを寄せたり広げたりしながら、均等になるように気をつけた。

脇の糸を引っ張った部分は、どうしてもギャザーがゆるんでしまうので、手前から引っ張った糸をさらに引っ張りながらミシンをかけていく。



ギャザーを縫う時の気をつけるポイント

縫い終わったら、とりあえず表に返してみて、ギャザーの具合を確かめた。

へんな方向のしわが入っていないか、他の部分を縫いこんでいないか。 大体、きれいに縫えたようだ。よかった!

なんだか上身ごろが引っ張られて縮んで見えるから、真ん中から外側に向かって、ギャザーをしごいて余分なギャザーをとった。


縫い代の始末

縫い代の始末

ウエストの補強のためとギャザーを落ち着かせるために、さっきの本縫いの5mm外側(縫い代側)を、もう一度ミシンで縫った。

そして、スカートの縫い代を、このミシンのぎりぎりで切り取る。

縫い代はギャザーの厚みが出ると、表絡みえたりしてかっこ悪いので、できるだけ減らしておくのだ。

そして、前中心のV字の部分も、頂点から5mmの位置で切り落とす。



アイロンで、仕上げ

そしたら、中温・ドライのアイロンで、表から、上身ごろを折り返すようにプレスする。

アイロン仕上げ

アイロンを持つのと反対の手で、縫い目を広げるようにする。スカートのギャザーをつぶさないように、気をつけた。

縫い代は身ごろ側に倒れている。

これで、ドレスの形ができた!

ちょっと試着してみようかな。

端から引っ張るだけだと糸が切れそうなので、脇の縫い目の部分からもひっぱる。目打ちで、糸を引っ張って出すのに、生地を引っ張ってしまいそうになる。

反対側の脇からも、引っ張った。



スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.