HOME > 手作りウェディングドレスの作り方 > スカートの取り付けとギャザー

ウエディングドレスの作り方

ウェディングドレス

ウエディングドレスはレンタルでもオーダーでもなく、自分でウエディングドレスを作ってみたい・・・

花嫁の手作りのウエディングドレス。

それは、何物にも代えがたい心のこもった手作りのウエディングドレスになるはずです。

自分のサイズで、オリジナルなドレスに作っていく、手作りウエディングドレスキット。

憧れのその日を夢みながら。


スポンサードリンク


スカートのウエスト

スカートのウエストに、ギャザー用のミシンをかける。

スカートのウエストに、ギャザー用のミシンをかける。

ギャザー用なので、針目は大きくする。私のミシンでは、4〜5の間にする。

さて、縫い代1.5cmの所に一本目を縫うんだけど、端っこから縫っちゃ駄目なのだ。

ファスナーがつくからね。3cmあけて、縫い始める。



スカートを縫う時の気をつけるポイント

スカートを縫う時の気をつけるポイント

縫い代が表と同じ一枚になってるように。めくれたり、反対側に2枚重ならないように。

これは、均等なギャザーを寄せるために必要なんだ。

前中心のV字のポイントに、針が刺さった所でとめて、方向をちょっと変える。

これできれいなV字になるはず。そして、後中心の3cm手前で針を止め、糸を多めに引き出して切った。

そしてもう一本。縫い代の真ん中を同じように縫う。


スカートと身ごろをくっつける

スカートと身ごろをくっつける

スカートは、裏側にしたまま、身ごろは表に返して、スカートの内側に入れる。

そうすれば、自然に中表になるんだ。

スカートと身ごろの出来上がりの位置を合わせて、待ち針で留めていく。

まず、後中心を留めて、ノッチとノッチをあわせ、脇の縫い目を合わせる。

待ち針は、抜けないように、2回なみ縫いして、頭の部分までしっかりさした。ギャザーの糸を縫ってしまわないように、なるべく細かく刺してみた。



ギャザーを寄せる

待ち針がだいたい等間隔になるように、待ち針と待ち針の間を半分に折って、そこをあわせて待ち針で留めることを繰り返した。

アイロン仕上げ

いよいよ、ギャザー用の糸を引っ張る!

裏側に出ている糸を、2本いっぺんにひく。

生地はほつれてくるから、なるべく触らないように、2本のミシンの部分を親指と人差し指のはらでゆっくりと少しずつギャザーを寄せていく。

端から引っ張るだけだと糸が切れそうなので、脇の縫い目の部分からもひっぱる。

目打ちで、糸を引っ張って出すのに、生地を引っ張ってしまいそうになる。反対側の脇からも、引っ張った。

手作りウェディングドレスムービー ギャザーを寄せるサンプルビデオ 48秒 2.1MB


ギャザーにアイロンとミシンをかける

ギャザーにアイロンとミシンをかける

均等にギャザーが寄ったら、ずれないように3cmおきに待ち針で留める。

そのギャザーの上を中温・ドライのアイロンでプレスして、縫いやすくする。

アイロンの先で、ギャザーの縫い代だけをつぶすように、下に袖まんじゅうを入れた。



スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.