HOME > 手作りウェディングドレスの作り方 > スカートの縫い合わせ

ウエディングドレスの作り方

ウェディングドレス

ウエディングドレスはレンタルでもオーダーでもなく、自分でウエディングドレスを作ってみたい・・・

花嫁の手作りのウエディングドレス。

それは、何物にも代えがたい心のこもった手作りのウエディングドレスになるはずです。

自分のサイズで、オリジナルなドレスに作っていく、手作りウエディングドレスキット。

憧れのその日を夢みながら。


スポンサードリンク


スカートの準備

スカートの準備

スカートを縫い合わせる前に、縫い代のほつれ止めをします。

ロックミシンの時は、ノッチが切り落とされてしまいます。

ノッチを切り落としてしまうのを避けるため、ノッチの位置に印をつけてからロックミシンをかけるなどしましょう。

私はジグザグミシンなので、生地の縫い代の端をひたすら縫っていく。

ひとつずつジグザグミシンをかけたら、元のように中表にしておいた。



後スカートの縫い合わせ

まず、後中心を縫ってしまおう。

後スカートの縫い合わせ

後中心には、ファスナーをつけるから、ウエスト部分から10cmは縫わないでそのままにしておく。

その開きどまりの位置に、チャコペンで印をつけた。

裾まで、伸ばさないように気をつけながら、待ち針で留めていった。なるべく、平らな所でやったほうがいいみたい。

裾から縫い代1.5cmで縫っていって、開きどまりの位置まできたら、返し縫いをした。

ファスナーがここで止まるから、しっかり縫っておかないと。


スカートを次々ぬい合わせる

スカートを次々ぬい合わせる

残りのスカートは、ウエストから裾まで、一気に縫い合わせるだけ。

後スカート・前脇スカート・前スカートの順に、中表にあわせてどんどんミシンで縫っていこう。

ノッチとノッチは、あっているかどうかの目印だ。

大きさと、形でちゃんとあうようになってるはず。



アイロン仕上げ

アイロン仕上げ

縫い合わせが終わったら、またアイロンの出番!

ドライ・中温に温めて、まず縫い目をピンと伸ばす。

そして、縫い代を割っていくんだけど・・・

生地が多いから、どうしても下に他の部分が挟まる。

気が付くのが遅いと、しわになっちゃいます。

そんなときは、また袖まんじゅうを縫い代の下に差し込んでアイロンをかけよう。



失敗!生地がずれてしまいました。

前と後で、ずれちゃった所が見つかった。

アイロン仕上げ

まあ、完全にぴったりいかないよね。 とりあえず、縫い目をじっくり見てみる。

しわが寄ったり、 つれたりしているところはない?そんな時は、ほどいてもう一度縫い直し。

縫い目はとってもきれい。そんな時は裁断の時ちょっとずれちゃったんだね。

出っ張った部分を、ゆるいカーブで削って、つながりよく切っておこう。

そうしたら、裾にぐるっと一周、ほつれ止めのミシンをかける。縫い代がへんな方向にならないように気をつけなくちゃ。



スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.