HOME > 手作りウェディングドレスの作り方 > 試着と補正

ウエディングドレスの作り方

ウェディングドレス

ウエディングドレスはレンタルでもオーダーでもなく、自分でウエディングドレスを作ってみたい・・・

花嫁の手作りのウエディングドレス。

それは、何物にも代えがたい心のこもった手作りのウエディングドレスになるはずです。

自分のサイズで、オリジナルなドレスに作っていく、手作りウエディングドレスキット。

憧れのその日を夢みながら。


スポンサードリンク


試着と補正

この試着と補正がうまくいかないと大変なことに〜とあせっていたら、「補正がうまくいけば、すごくぴったりしたステキなドレスになるんじゃない?」と母の一言。

そうだよねー。じっくり丁寧にやってみよう。

ということで、母が手伝ってくれることに。お願いします、お母さん!

ぜひ、あなたもお母さんやお友達に手伝っていただいてください。

手作りウェディングドレスムービー 試着と補正サンプルビデオ 39秒 1.7MB

試着の準備

ウェディングドレス試着の準備

背中のファスナー部分を、出来上がりに(=端から1,5cm)折って、待ち針で留めておく。

反対は、出来上がりの位置の目印になるよう、待ち針をうっておいた。消えるチャコペンでも、と思ったけれど、やっぱり表だからちょっとでも消え残ったら、と心配だから、待ち針にしておいた。

ウエディング用の下着を着て、鏡の前でさっそく試着してみよう!


待ち針で留めてみる

待ち針で留めてみる

後を、出来上がりの位置に重ねて待ち針で留めてもらう。3cmおきくらいに、待ち針をうつ。

刺さないように、気をつけて〜!

肩ができていないけれど、バストトップをあわせて、ゆるみ具合を見る。

どうも背中ががばがばだ。どうしよう。



BBSに書き込む

背中がゆるすぎるんです

あわてて、お客様専用BBSにアクセス。背中がゆるすぎるんです、と書き込む。

前のログを見てみると、ゆるい方が多いみたい。 直すポイントを、画像で見て、さっそくやってみる。

何回か、やり直しをして、やっとこのくらいのゆるみなら、と満足いく仕上がりになった。



型紙に書き込む

うっかり忘れそうだったけれど、裏もつけるんだった。

型紙に、直したところを赤で書き込む。忘れちゃったらまたやり直しになっちゃうもんね。

きつい場合もゆるい場合も、BBSの画像で確認できるから、きっとうまく直せると思う。


スポンサードリンク


手作りウェディングドレスの作り方:インデックス

Copyright(C) 2003-2010 wedding-dress.info All Rights Reserved.