資料請求

ひろみ様

HOMEお客様の声 > ひろみ様
  • 手作りをしようと思ったきっかけは何でしたか。
  • 最初はドレスを手作りするという発想はなかったのですが、ネットで偶然まちこ先生のサイトを見つけて、「やってみたい!」と思いました。
  • 結婚式では徹底的に手作りにこだわりたかったので・・・ウェルカムボードや招待状、リングピローももちろん作ったけど、他の人はやらない何かをやりたかったんです。
  • それに、ドレスショップめぐりを始めてみたら、自分にピッタリのサイズのドレスがほとんどありませんでした。
  • 手作りすればレンタルするより安く自分のドレスが手に入り、思い出にもなるから、「手作りしよう!」と思いました。

ひろみ様|声画像3

  • 手作りドレスキットの決め手はなんですか。
  • お裁縫なんて家庭科以来だったので、自分のドレスだけのテキストを作ってくれることや、DVD、BBSなどのサポートがあることですね。
  • それと、好きなデザインで型紙を作ってくれることです。

ひろみ様|声画像4

  • 完成まで
  • シーチングから最後のコサージュ付けまでだと、約半年です。
  • 途中、忙しくてほとんど作っていなかった時期もあるので、ドレス本体を作っていた期間だけだと、2ヶ月くらいですね。

  • 難しかったこと・簡単にできたことはなんでしょう。
  • ビスチェにフリルをつけるところが1番難しかったかな。
  • あとは手間がかかったのが、補正とオーガンジーの縫い合わせです。それと、編み上げ用の紐作りが、意外に難しかったです。

ひろみ様|声画像5

  • 一番楽しかったことを教えて下さい。
  • 最初から最後まで楽しかったです!
  • 強いて言えば、母と2人でスカートのタッキングをよせたり、デコレーションのアイデアを考えたりしたことでしょうか。
  • 最初にキットが届いて、同梱されていたパニエを試着してみたときは興奮しました☆
  • 両親への贈呈用に「生まれたときの体重のぬいぐるみ」を作ったのですが、ネームプレート用クッションをドレスの生地で作ったり、私の両親へ送る方のぬいぐるみにやはりドレスのオーガンジーでベールを作ったのも楽しかったです。

ひろみ様|声画像6

  • 完成した時の気持ちはいかがでしたか。
  • ものすっごい満足して、もう結婚式が終わったような気がするくらいでした。(笑)
  • 式までに何度も体にあててみたり、結婚するって実感もわきましたよ。

  • お式当日を教えて下さい。
  • 手作りするとは言ってあったのですが、「こんなに手のこんだドレス作ると思ってなかった!」と言われました。
  • 女性ゲストはみんな興味津々で見てくれて、「私にはとてもムリ!」と言われ、狙ってた意外性が発揮できました★
  • ネックレスとイヤリングは式場のドレスサロンで借りましたが、その小物合わせのとき、サロンの方が「本当に自分で作ったんですか!?すっごいかわいい~!」とまじまじ見ていて、とても嬉しかったです。

ひろみ様|声画像7

  • 手作り先輩からアドバイスをいただけますか。
  • 難しいことはあまりないですし、補正やドレスのデコレーションなど、お母さんと一緒にされるといい思い出になると思います。
  • 私は仕事の休みは週1で、仕事が終わって自宅に帰ってくるのも毎日9時くらいという状況でしたが、問題なく作れました。
  • また、新婚旅行にもドレスを持っていって、写真撮ったのも、自分のドレスならではです。
  • 迷っている方はぜひ、挑戦してみるといいと思います!

まち子店長より

店長

1着に見えますが、胸元の編み上げ+控えめフリルはベストです!

ビーズ刺繍もご自分で丁寧に仕上げられました。

2次会ではベストはお脱ぎになって、ドレスのみ、ヘアメイクもイメージチェンジなさいました。

オーガンジーのスカートは、実は2重になっています。

上のオーガンジーをたくし上げてフワフワに、下のオーガンジーはトレーンも引いてエアリーな感じになりました。

たくし上げ位置のコサージュも可愛いアクセントになっています。

ご旅行先でのお写真も、とってもステキ!機内では、CAさんにお願いして、ドレスバッグを広げて吊るしておいていただくといいですね。

お客様のドレス ピックアップ

店長あいさつ

店長

こんにちは!

店長あいさつ

こんにちは!店長の富岡まち子です。あなたのウェディングドレス手作りキットの製図から制作、そして完成まで、私が責任をもってサポートいたします!

新着:お客様のドレス

  • E・Y様様のドレス

    プリンセス

    E・Y様

    娘と生地選びから楽しくできたところや、慎重に選んだ一枚の布が日に日に着たかったドレスに姿を変えていくのには毎日ワクワクしました。ドレス作りによって、離れて暮らす娘とも一緒に楽しく過ごす時間が持てました。

ページ上部へ戻る