資料請求

しほ様

HOMEお客様の声 > しほ様
  • 手作りをしようと思ったきっかけは何でしたか。
  • 式場のレンタル衣裳の中で「これだ!」と思えるものに巡り合わなかったからです。
  • その割にはレンタル料38万円だったりして、2時間借りるだけの為にそんなに払うのも気が乗らず、それなら、購入しようか、どうせ購入するなら材料を買って手作りして思い出も一緒に作っちゃおうという流れです。

しほ様|声画像3

  • 手作りドレスキットの決め手はなんですか。
  • ほかに2つのサイトを拝見したのですが、デザインが限られていました。その点、まち子先生の講座はAラインから2WAYにマーメードと幅広く、自分好みのドレスに仕上がりそうだと思ったからです。
  • また、料金形態や講座内容の説明が分かりやすく詳しかったので、こちらなら信用・安心できると思い、申し込みました。

  • 完成まで
  • ベースだけなら、意外にあっという間で3週間ほどで仕上がりました。
  • ただその後、式前日まで未練がましく装飾を施したりしていたので、実際はいつ完成したのか定かではありません(笑)。

しほ様|声画像4

  • 難しかったこと・簡単にできたことはなんでしょう。
  • 難しかったところは、途中でデザインを変更しようかと考えて煮詰まってしまった時、スカートのギャザーを均一に寄せようとした時(実際は均一には出来ませんでしたが)。
  • ビスチェ部分やスカートの布をつなげていく立体的にしていく作業は簡単に出来た気がします。
  • もちろん、まち子先生のDVDやテキストの説明が分かりやすく、コツやアドバイスもちりばめてくれていたお陰であります。

  • 一番楽しかったことを教えて下さい。
  • スカートにかぶせるオーガンジーをところどころ絞ってたくし上げる作業。
  • 妹と一緒に、どの位置で絞ると綺麗に見えるか試行錯誤しながら進めました。

  • 完成した時の気持ちはいかがでしたか。
  • 自称、他称「ぶきっちょちゃん」の私でもできたんだ!と驚きました。愛しくて抱きしめてしまいましたよ、ドレスを。

しほ様|声画像5

  • お式当日を教えて下さい。
  • ゲストの方は、本当に手作りなの!?って半信半疑でした。手作りでも、こんなにちゃんとしたものが作れるのか・・・ とか。
  • 驚きが勝っていたようでした。もちろん、喜んでもらえましたよ!
  • また、取り外し可能なホルターネックを作って、披露宴の際に付けて登場したのですが、「ドレス2種類作ったの!?」と言ってもらえました。

  • 手作り先輩からアドバイスをいただけますか。
  • ドレスを作るだなんて、どうせみんな不器用って言いながらもそれなりに出来る人がやっているんだ~って私は思っていました。けれども、まち子先生のDVDやテキストにそって忠実に丁寧にすすめていくと不器用でも洋裁経験がなくてもちゃんと完成へと導かれるようになっていました。
  • もちろん順調な時ばかりではなく、煮詰まってきた時は目の端にドレスを捉えるだけでも気持ちが落ち込んで、押入れに隠してしまっていた時もありました(笑)。
  • そんな時があっても、こちらの講座ではまち子先生とのメールや掲示板など自分の気持ちに再び火を点けてくれる環境が整っていると思います。
  • 自動車でドライブして登った山からの景色よりも、多少しんどい思いしてでも自分の足で一生懸命登った山からの景色のほうがずっと美しく感じ、感激するのではないでしょうか。
  • 一生に一度の結婚式という機会に、是非みなさんも一緒に借り物ではない思い出作りもしてもらいたいです。

まち子店長より

店長

ビスチェとホルターネックのアレンジ、とても印象的でステキでした。フワフワとしたオーガンジーのたくし上げも可愛らしいバランスです。妹さんとご一緒に楽しく作業されたと伺い、私も自分の時を思い出しました!

途中で行き詰ってしまった時に、掲示板に書き込みしていただきました。そんな時は、他の作業を先にやったり、レースなどをお店に探しに行ったりしてみては、というアドバイスが出来ました。

テキストでは、一連の流れで編集していますが、例えば作業を平行して進められる部分や、順序を逆にしてもOKな部分があります。

SNSをうまく活用していただき、ステキなドレスに仕上げられました!

お客様のドレス ピックアップ

店長あいさつ

店長

こんにちは!

店長あいさつ

こんにちは!店長の富岡まち子です。あなたのウェディングドレス手作りキットの製図から制作、そして完成まで、私が責任をもってサポートいたします!

新着:お客様のドレス

  • E・Y様様のドレス

    プリンセス

    E・Y様

    娘と生地選びから楽しくできたところや、慎重に選んだ一枚の布が日に日に着たかったドレスに姿を変えていくのには毎日ワクワクしました。ドレス作りによって、離れて暮らす娘とも一緒に楽しく過ごす時間が持てました。

ページ上部へ戻る