資料請求

プリンセス

HOMEデザインと価格 > プリンセス

プリンセスラインという名前は、身頃をボディにフィットさせる切り替えのことをいう場合もありますが、Wedding-dress.infoでは、フィットした身頃からふわっと広がるスカートにギャザーを寄せるデザインを指してプリンセスラインと呼んでいます。

プリンセスライン

ほっそりしたウエストを強調するため、身頃とスカートの切り替え位置は、一番細いウエスト位置より少し下になる"ローウエスト切り替え"がベストのデザインです!

ローウエストの切り替え位置で、ギャザーを寄せたスカートが広がりますので、ウエストがより細く見え、ふわっとしたスカートが豪華な、まさにお姫様ドレスをお好みの方にぴったりです。

正統派プリンセスを目指すなら、デコルテを開けて鎖骨のきれいなラインを強調するオフショルダーラインがおすすめです。胸元を飾るアクセサリーもボリュームのあるものにしましょう。オフショルダーの肩先は、ご自分に一番似合う幅を選んで、鎖骨から腕がほっそりと華奢に見えるようにしましょう。トレーンも長めにして、サテンの光沢を活かし、ポイントにレースとビーズ刺繍をプラスするとゴージャスな王女様になりますね。

可憐なイメージになさるなら、スカートに一工夫するのはいかがでしょう。サテンの上に、チュールやオーガンジー、レースなど透ける素材を重ねると、エアリーなふわふわ感がアップします。足の運びに呼応して、ふわっと揺れるスカートなら、花冠など妖精アイテムにぴったり。ビスチェやオーガンジーのパフスリーブがオススメです。

お好みの色のサテンで、カラードレスをお作りになるのもいいですね。プリンセスラインでスカートにボリュームが出るので、トレーンを引かなくても華やかですし、披露宴で各テーブルを回ってゲストの方と歓談なさる時など、フルレングスなら軽やかに動けます。

最近人気のデザイン、"エンパイアライン"のドレスも、Wedding-dress.infoではプリンセスラインのカテゴリに入れています。こちらは、アンダーバストで切り替えて、ギャザースカートは広げずにストンとした形です。ギリシャの神々のイメージですね。切り替え位置に太めのサッシュベルトを巻いて細いウエストを強調したり、透ける生地でギャザースカートにしても下側のサテンはしっかりウエストを強調したAラインにするなどのアレンジがオススメです。

エンパイアラインの場合、ギャザースカートはあまりふわふわさせず、ドレープが落ちる感じにしたいのですが、その場合の生地はシフォンやジョーゼットと呼ばれるとてもやわらかい生地を使います。しかし、生地は柔らかければ柔らかいほど、扱いが難しく、真っ直ぐ縫うだけでもかなりの神経を使います。そのため、シフォンやジョーゼットは、洋裁経験者の方ならいいのですが、手作りウエディングドレスではサポート外とさせていただいています。初心者の方には、代替え案として、比較的張りのあるオーガンジーでの製作をおすすめしています。

しほ様 プリンセスライン

スカートにオーガンジーを重ねて、たくし上げをして、よりフワフワにすると、可愛らしいイメージになります。たくしあげは、簡単ながら印象的なアレンジが可能ですね。ドレスを着た状態で、お好みのボリュームになるようにバランスを見ながらの作業となり、サポート外となりますが、皆さんお母様やご姉妹など、楽しみながら作業をされています。

Rito様 プリンセスライン

ブライダルサテンをメインに、スカートのボリュームを足して高貴なお姫様風にするのもおすすめです。装飾は、レースとパールビーズがイメージにぴったりですね。パニエは2枚重ねになさったと伺っています。

ともこ様 プリンセスライン

細いウエストと、ふわっとしたパフスリーブも人気があります。映画のお姫様のドレスをイメージされる方に。花びらのスカートもオリジナルで、花びらのオーガンジーは2色使い。グラデーションになるように重ね、花弁の先のしずく型スワロフスキーがキラっと輝きます。

MK様 プリンセスライン

マタニティドレスは、手作りキットの場合、基本はプリンセスラインになります。ビスチェで、アンダーバスト切り替えのエンパイアライン風にアレンジします。肩ひもと背中の編み上げで、多少のサイズ変更にも対応できるようにしましょう。急な体調不良にも慌てないように、どなたかお手伝いの方もお願いしておきましょう。

お客様のドレス ピックアップ

店長あいさつ

店長

こんにちは!

店長あいさつ

こんにちは!店長の富岡まち子です。あなたのウェディングドレス手作りキットの製図から制作、そして完成まで、私が責任をもってサポートいたします!

新着:お客様のドレス

  • E・Y様様のドレス

    プリンセス

    E・Y様

    娘と生地選びから楽しくできたところや、慎重に選んだ一枚の布が日に日に着たかったドレスに姿を変えていくのには毎日ワクワクしました。ドレス作りによって、離れて暮らす娘とも一緒に楽しく過ごす時間が持てました。

ページ上部へ戻る