資料請求

Aライン

HOMEデザインと価格 > Aライン

Aラインと呼ばれるデザインは、上半身はフィットさせて小さく、ウエストから裾に向かって広がるシルエットがAの字のように見えるのでそう呼ばれています。

Aライン

ウエスト周りが身体にフィットして、広がるスカートとの対比で、すっきりとスタイルよく見えるので、Aラインはとても人気のあるデザインです。

このAラインは、清楚で可憐なイメージから、ゴージャスでボリューミーなイメージまで、花嫁さんのなりたいイメージに合わせ、幅広いアレンジが可能なことも人気理由の一つに挙げられると思います。

代表的なアレンジとして、スカートと身頃を分ける、ウエストの切り替えを挙げてみましょう。Aラインは、プリンセスラインとは違い、どの位置で切り替えてもOKなのです。

この切替位置をアンダーバストあたりにした、ハイウエストの切り替えにした場合、目線を上にできるので、小柄な人におすすめです。また、胸元をボリュームアップしたい方、ハイウエスト切り替えで胸元にギャザーをプラスしたり、コサージュやレースで華やかさを出すのも素敵です。比較的、可愛いイメージになるのではないでしょうか。

逆に、ローウエスト切り替えにして、ウエストのすっきり感はそのままに、スカートにレースなどの別布を重ね、より華やかに、またふんわりとしたイメージを加えて妖精のように、など、お好みの印象になるようにアレンジすることも可能です。

あるいは、ウエストの切り替えなしにして、デコルテからスカートまでつながった縦のラインを強調するのも素敵です。サテンの光沢を活かした、格調高く気品あるドレスになります。どちらかと言うと、大人っぽい感じになりそうですね。

スカートのボリュームによってもイメージは変わります。裾幅をたっぷりとってお姫様ドレスに、あるいはストンとしたシルエットになるようにスカートの広がりを抑えて大人っぽく。ドレスの下に履くスカートの広がりを支えるパニエによって裾幅が変えられるので、レストランウェディングや2次会などにも対応できます。

また、お袖のあるデザインとも相性がよく、小さいパフスリーブで可憐なイメージにしたり、七分袖でよりクラシックに、正式な教会での厳かなお式にもおすすめです。

せっかく手作りしたドレスなので一日中着ていたい、という花嫁さんにおすすめなのがAラインドレスの2Way・3Wayのアレンジです。サテンのドレスはAラインでシンプルに仕上げておき、オーバースカートやボレロ、腰につけるリボンやコサージュ、別布のトレーンなどをドレスとは別に作って、取外しや付替えで、イメージチェンジやカラーチェンジまでできちゃいます。これはアイディアが決め手!ぜひ、ひらめいたらメモしておきましょう。

Aラインは手作りウエディングドレスでも一番人気

じつは、手作りウエディングドレスでも一番人気のデザインです!

ひろみ様 Aライン

スカートに、オーガンジーを重ねて、ふわっとたくし上げ、ドレープで動きを出すデザイン。たくし上げ位置によって、大人っぽくも可愛らしくもできます。(ひろみ様のドレス)

A玉野様 Aライン

スカートを2重にして、後が左右に別れ、その下から、トレーンが見えるデザイン。総レースのトレーンにしたり、フリルをつけてフワフワが見えるようにしたり。作る手間はかかりますが、華やかな仕上がりになります。(TM様)

Haruka様 Aライン

オフショルダーでサテンをメインにしたシンプルなAラインのドレスは、クラシックで格調高いイメージになります。(Haruka様)

ミユキチ様 Aライン

ラウンドネックの、肩のあるAラインも人気です。ウエストにリボンなどを飾って、清楚に。肩があると、補整が少し大変ですが、ビスチェほどシビアにフィットさせなくても大丈夫なので、体型が変化しやすい方にもおすすめです。(ミユキチ様)

またその他にも・・・

片側の肩がある、ワンショルダーの身頃にして、動きを出すのもおすすめです。スパンコールなどで、流れるような装飾がより効果的です。

スカート裾を花びらのように仕上げた方もいらっしゃいます。お花のドレスになりました。

など、色々なアレンジも可能です。

幅広いアレンジが可能なAラインはとてもおすすめできるデザインとなっています。

お客様のドレス ピックアップ

店長あいさつ

店長

こんにちは!

店長あいさつ

こんにちは!店長の富岡まち子です。あなたのウェディングドレス手作りキットの製図から制作、そして完成まで、私が責任をもってサポートいたします!

新着:お客様のドレス

  • E・Y様様のドレス

    プリンセス

    E・Y様

    娘と生地選びから楽しくできたところや、慎重に選んだ一枚の布が日に日に着たかったドレスに姿を変えていくのには毎日ワクワクしました。ドレス作りによって、離れて暮らす娘とも一緒に楽しく過ごす時間が持てました。

ページ上部へ戻る